ダイエットで知らないと痛い目を見る!そもそも酵素とは

酵素は一つではない!一つ目の酵素

よくダイエット法として挙げられる酵素は実は一つではないということは知っていますか?大きく分けて三つに分かれます。まず一つ目が消化酵素と呼ばれ、食べた物を食べた後消化して吸収しやすいように働く酵素です。例えばご飯にはデンプンが含まれていることは小学校の理科で習いますが、デンプンを分解してくれるのがアミラーゼ、肉などのたんぱく質を分解してくれるのはプロテアーゼ、脂肪の分解はリパーゼと呼ばれる酵素が体の中で働いてくれるから吸収されるというわけです。

消化酵素と関係ある二つ目の酵素とは

二つ目が代謝酵素です。実は消化酵素とは深い関係があり、消化酵素によって栄養がエネルギーに変わった後の働かせる効果があります。実際に研究で体の中の消化酵素が沢山使われると代わりに代謝酵素が減るということが分かっています。どういうことかと言うと例えば、焼き肉等を食べた後、お腹の調子が悪くなったことはありませんか?それは、消化酵素が消化しようとして使われ、代わりに代謝酵素が減り調子が悪くなったからです。

外から得られる酵素食物酵素とは

消化酵素、代謝酵素は体の中で出来ますが、外から得られる酵素があることはご存知でしょうか?それが食物酵素と呼ばれる三つ目の酵素です。ダイエットを成功させるには、消化酵素を出来るだけ使わず、代謝酵素を増やすと代謝が増え、痩せやすくなりますがそのために生野菜や果物、お刺身、納豆等の発酵食品に含まれていて、消化を助け消化酵素が減ることを止めてくれる働きがあります。消化酵素が減らなくなると代謝酵素が余裕を持ち、新陳代謝が増えダイエットが成功しやすくなります。

酵素はフルーツや野菜に多く含まれています。酵素ダイエットは食事を制限する際に、栄養不足にならないで痩せることができます。