妊娠線とは!?クリームを使う前に勉強しよう

皮膚が引っ張られることで起こる

妊娠線は、お腹が大きくなるにしたがって皮膚が割けることでおこります。妊娠すると、急激に皮膚が引っ張られてしまいますが、お肌の柔軟性がないと皮膚の深い部分が割けることで跡が残りやすくなるのです。一度割けてしまうと跡が目立つ状態になるので、未然に防ぐ対策を行うようにしましょう。妊娠線を防ぐ方法として、クリームを使用すると効果的になります。妊娠が分かった時には、毎日塗ってケアを行っておくとよいでしょう。

できる部分はお腹だけではない

妊娠するとお腹が大きくなるので、お腹だけに妊娠線ができると思っている方もいますが、ほかの部分にも線が表れることもあるのです。妊娠すると、体重も急激に増えてきますが、その結果お腹だけではなく太ももやお尻にも線ができやすくなります。お腹部分のみケアをするのではなく、他の部分のケアにも気を付けてみましょう。特に、太ももにセルライトがある人は、体の代謝機能が弱くなっているので、充分に注意する必要があります。

肌質によってできやすくなる

妊娠線は、できやすい人とできにくい人が存在しています。元々お肌が強くトラブルが少ない人は、お肌に柔軟性が備わっているため、妊娠線ができにくくなっています。一方お肌が薄かったり乾燥しやすい人は、皮膚が伸びる刺激に耐えるだけの力や柔軟性がないため、少しお腹が大きくなっただけで妊娠線ができやすくなってしまうのです。肌質によって、妊娠線ができやすくなっているので事前にケア用品を購入して用意しておきましょう。

妊娠線予防には保湿がとても大切です。妊娠線のクリームを使うことで、気になる妊娠線のケアをすることが出来ます。